トップへ > 埼玉県 小川
和紙のふるさと おがわまち
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
小川 / 埼玉県
周囲を豊かな自然と外秩父の山々に囲まれ、町の中央に槻川が清らかに流れる小川町は、1300年の歴史を誇る小川和紙をはじめ、酒造、建具、裏絹などの伝統産業で古くから栄え「武蔵の小京都」と呼ばれています。歴史を秘めてたたずむ史跡や往時の面影をとどめる建物などが、かつての風情を今に伝えています。郊外には、県内の伝統的手工芸品を集めた「埼玉伝統工芸会館」」があり、手すき和紙体験などが楽しめます。3月下旬には、仙元山の麓でカタクリの可憐な花が咲き誇り、穏やかな春の訪れを告げてくれます。
■交通  
東武東上線・JR八高線小川町駅下車
■問い合わせ
小川町産業観光課
TEL:0493-72-1221 / FAX:0493-74-2920
URL:http://www.town.ogawa.saitama.jp/
小川町七夕まつり
7月第4土・日曜日(予定)
1300年の歴史を誇る小川和紙。この伝統産業の発展を願い昭和24年から始められた七夕まつりは半世紀を過ぎた今も町の中心行事になっています。<・・・
→続きを読む
おあがんなさい
日本五大名飯「忠七めし」
今から約130年程前、八代目八木忠七と明治の偉傑山岡鉄舟との出会いから生まれました。ある日、忠七に鉄舟は「料・・・
→続きを読む
千年をはるかに超す悠久の時を経て守り育てられてきた小川和紙は、温もりとやさしさが伝わり、使う人の心を引きつけます。正倉院の扉を開いて古文書を・・・
→続きを読む
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.