トップへ > 高知県 安芸
歴史と文化の香るまち
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
安芸 / 高知県
野良時計
写真1 明治20年頃、この地の地主だった畠中源馬氏が製作。時計に興味を持った氏は、アメリカ製の八角時計を分解しては組み立て、その仕組みを覚えた。そして、分銅も歯車も全て手作りの時計を1人で作り上げた。
ごめんなはり線安芸駅より車で約5分、レンタサイクルで約10分
Googleマップ
土居廓中
写真1 藩政時代のたたずまいを残す武家屋敷が続く。土用竹やうばめ樫の生け垣に囲まれた侍屋敷は今もひっそりと当時の風情を残している。平成24年7月には、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。
ごめんなはり線安芸駅より車で約5分、レンタサイクルで約10分
Googleマップ
内原野公園
写真1 太平洋が望める高台の公園。五藤家5代当主が野外遊園地として整備した。春先から初夏にかけて桜、ツツジ、藤、アヤメ、ショウブと花の途切れる時がなく、特に16,000本といわれるツツジが咲き乱れる春は「つつじ祭り」が催され、多くの人で賑わう。また近くには「内原野焼」の窯元や、手びねりの陶芸作品や絵付けなどの他、ガラス工房でのバーナーワークなどが体験できる「内原野陶芸館」がある。
ごめんなはり線安芸駅より車で約10分、レンタサイクルで約25分
Googleマップ
カリヨン時計
旧安芸駅跡の公園にある、複数の鐘で童謡を奏でるからくり時計。カリヨンとは組み鐘のことで、市の木であるヒノキを模り、からくり人形を納める黄色の球体は安芸市特産のゆずをイメージしてデザインされている。午前8時から午後5時までの各定時に、安芸出身の作曲家・弘田龍太郎の<春よこい>や<雀の学校>などの動揺が奏でられる。
バス安芸出張所前下車すぐ
ごめんなはり線球場前駅下車すぐ
Googleマップ
安芸城跡
写真1 現在は場内に残る井戸や周囲の濠、桝形の石組みがある。
ごめんなはり線安芸駅より車で約5分、レンタサイクルで約10分
Googleマップ
岩崎彌太郎生家
写真1 弥太郎の曽祖父・弥次右衛門が移築した家で、当時の中農の標準的な家。土蔵の鬼瓦には、岩崎家の家紋であり、三菱のマークの原型といわれる「三階菱」がある。また、庭の石組みは、少年・彌太郎が天下雄飛を託し、日本列島を模したものだといわれている。
ごめんなはり線安芸駅より車で約10分、レンタサイクルで約20分
Googleマップ
岩崎彌太郎銅像
写真1 岩崎彌太郎生誕150周年を記念して昭和61年に、江ノ川上公園に建立された。銅像はブロンズ製で高さ3.3m。銅像の台座には、岩崎彌太郎に関する16枚の彫刻絵が設置されている。
※道路拡張工事により、平成27年4月末に岩崎彌太郎生家横へ移設。
ごめんなはり線安芸駅より車で約10分、レンタサイクルで約20分
Googleマップ
弘田龍太郎曲碑
写真1 本市出身の童謡作曲家、弘田龍太郎の偉業を後世に受け継ごうと、大山岬や内原野、岩崎彌太郎生家前など市内に10カ所の曲碑が建立されている。
書碑
本市は、藩政時代から書道が盛んで、現在も日本書壇の第一線の書家を多く輩出。江ノ川上公園内では、これらの書碑が見られる。
また、本市出身の三菱グループの創業者、岩崎彌太郎が10代の頃に書いたといわれる書を、歴史民俗資料館に展示している。(レプリカを安芸観光情報センターに展示。)
 
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.