トップへ > 兵庫県 篠山
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
篠山 / 兵庫県
篠山城跡・大書院
写真1 1609年、徳川家康は大阪城攻略の拠点として「笹山」という小高い丘に城を築かせました。わずか6ヶ月余りで完成したその城が篠山城です。昭和19年の火災で焼失するまで335年間篠山城二の丸にあった大書院を約半世紀ぶりに復元しました。古式の建築様式や荘厳な装飾も全て往時の雰囲気を再現しています。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「二階町」下車、徒歩約5分
Googleマップ
青山歴史村
写真1 旧篠山藩主青山家の別邸でした。長屋門をはじめ、全国的にも珍しい漢学書関係の版木や、ねずみ草紙絵巻など、江戸期の歴史と文化の資料が数多く展示されています。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「二階町」下車、徒歩約5分
Googleマップ
安間家史料館
写真1 安間家は篠山藩主青山氏の家臣の一般的な徒士住宅だったもの。内部には、安間家で使用されていた食器や家具などがあり、当時の暮らしぶりがうかがえます。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「二階町」下車、徒歩約15分
Googleマップ
河原町妻入商家群
写真1 間口が狭く奥行きが長い妻入商家の町並みが約600m続く。国の重要伝統的建造物群保存地区で、千本格子や荒格子、袖壁、うだつなどが往時の城下町の姿を今に伝えます。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「本篠山」下車、徒歩すぐ
Googleマップ
王地山公園
写真1 篠山城跡の東方に位置する小高い丘「王地山」。平安遷都を前に、王城候補地の一つに選ばれたことから「王地山」と名付けられたといわれています。春は梅や桜、秋は紅葉の「もみじ谷」があります。「まけきらい稲荷」では江戸時代の伝説が残っており、その名や由来にあやかって受験生が参拝に訪れます。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「上立町」下車、徒歩約5分
Googleマップ
春日神社(能舞台)
写真1 1861年、時の藩主青山忠良より寄進された屋外の能舞台。建設当時、箱根より西では最も立派なものだといわれた舞台です。200余年の歳月を経た現在も、元旦の「翁」、春の「春日能」の年2回の能会や狂言が奉納され、雅やかな芸術文化を今に伝えています。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「春日神社前」下車、徒歩すぐ
Googleマップ
歴史美術館
写真1 明治24年に建てられた木造裁判所を美術館に改修。館内には、古くから美術工芸に優れていた篠山ならではの名品の数々が展示されています。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「春日神社前」下車、徒歩約3分
Googleマップ
福住(ふくすみ)の町並み
写真1 篠山城下町地区に続く市内2地区目の国の重要伝統的建造物群保存地区。篠山から京都に向かう西京街道沿いに位置し、江戸時代に宿場町として発展した町並みは、妻入りの建物を中心に宿場町とそれに隣接する農村集落の歴史的風致を今に伝えます。
JR篠山口駅西口より 神姫グリーンバスにて「篠山営業所」行き終点下車、「福住」行きに乗り換え終点下車、徒歩すぐ
JR園部駅より 京阪京都交通バスにて「福住」下車、徒歩すぐ
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.