トップへ > 熊本県 人吉
「相良700年が生んだ保守と進取の文化~日本でもっとも豊かな隠れ里-人吉球磨~」
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
人吉 / 熊本県
人吉球磨は、ひなまつり
2月~3月
人吉市九日町及び人吉球磨地域一帯
写真1 人吉球磨地域の早春の訪れを告げる風物詩の一つ。人吉クラフトパーク石野公園、ひとよしおひな通り「九日町・五日町」、ひとよしおひな通り「鍛冶屋町」をメイン会場とし、人吉球磨地域の観光施設100箇所以上で様々なおひな様が飾られる。期間中は、各会場で趣向を凝らしたイベントの他に人吉温泉女将の会 さくら会による「ひなの宿 宿泊パック」や、「おひな御膳」、「おひな会席」などのランチメニューも登場する。
Googleマップ
人吉梅まつり
2月中旬~3月上旬
人吉梅園
写真1 人吉市大畑麓町の人吉梅園は、約8ヘクタールの敷地内に、約4600本の梅を誇る全国でも有数な梅園。梅は、700年続いた相良家の家紋で、今は「市の花」として親しまれている。2月下旬~3月初旬にかけて、この丘陵は梅の花が一面に咲き誇る。この期間開催される梅まつりでは、ステージでの郷土芸能の披露や地元特産品の展示販売を開催する。また、球磨焼酎・梅酒の販売もあり、郷土色豊かな田舎料理を味わうことができる。(ステージ催事はまつり期間中1日のみ)
Googleマップ
日本百名城 人吉お城まつり
4月末~5月上旬
人吉城跡ふるさと歴史の広場
写真1 日本百名城のひとつとして知られる「人吉城跡」をメインにしてのお祭り。まつりでは、甲冑武者による武者行列などが行われるほか、球磨焼酎の有料試飲や市内の温泉の割引などさまざまなイベントが行われる。まつり1日目の夜には、九日町通りで、城下町フェスティバルを開催、球磨の民謡「球磨の六調子」に合わせ、老若男女が踊るパレードや、神輿も登場し、街が一気に盛り上がる。
(催事はGW中初めの土日)
Googleマップ
人吉花火大会
8月15日
中川原公園及び人吉城跡ふるさと歴史の広場
写真1 市内の中心部に流れる日本三急流の一つである球磨川にある中川原公園及び人吉城跡公園内のふるさと歴史の広場を会場とし、人吉の夏の風物詩である「人吉花火大会」が行われ、約5000発の花火が夜空を彩る。人吉花火大会は、打ち上げ場所と観覧場所が近く、頭上に上がる花火を間近に見ることができるため、迫力満点の花火を楽しめるのが特徴。
Googleマップ
おくんち祭
10月3日~11日
青井阿蘇神社
写真1 平成20年6月に国宝指定された青井阿蘇神社の例大祭。この祭は、古来より誠にめでたいとされてきた陽の最高の数が重なる重陽の日(旧暦9月9日)に神様が御鎮座された縁日を祝う祭。祭期間中には、さまざまな催しがあり、3日には、火災がないように祈願する鎮火祭、8日は、国指定重要無形民俗文化財に指定された球磨神楽の奉納、メインとなる9日には、神幸行列が催される。創建後約1200年の長い歴史の中で育まれてきた伝統文化やしきたりが大切に受け継がれている祭。
Googleマップ
 
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.