トップへ > 岐阜県 郡上八幡
水とおどりと心のふるさと
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
郡上八幡 / 岐阜県
郡上本染め鯉のぼりの寒ざらし
1月20日 大寒の日
吉田川 宮ヶ瀬橋と新橋の間
写真1 県無形文化財の指定をうけた渡辺庄吉氏の伝統工芸郡上本染。Japan Blueの名で海外でも知られています。大寒の吉田川には「カチン染め」の鯉のぼりが色鮮やかに泳ぎます。鯉のぼり、タペストリーから手軽なセーブルセンター、コースターなど風土が生んだ染めの数々がございます。
郡上おどり
7月中旬~9月上旬
郡上市八幡町内一円(毎晩会場が変わります。)
写真1 「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる」の歌詞で知られる郡上おどりは400年にわたって歌い踊り続けられてきたもので、もともと江戸時代に当時の領主が領民の融和を図るため盆おどりを奨励したのがはじまりとされています。ですから観光客も地元の人も一つ輪になって踊る楽しみがあります。ここに郡上おどりは「見るおどり」ではなく「踊るおどり」といわれる所以があります。おどりは7月中旬から9月上旬までの約33夜に渡って行われます。これは町内のあちこちで縁日の祭りとして行われるものです。曲は全部で10曲あり、テンポの速いものやゆったりした曲を混ぜて演奏しています。老若男女を問わず毎年約30万人もの踊り子が浴衣姿に下駄を鳴らして全国から集います。
郡上八幡城下町花火大会
8月7日
郡上八幡城ふもと
写真1 郡上八幡城の天守閣近くで打ち上げられる花火。町のどちらからでもご欄いただけます。また吉田川畔では仕掛け花火が行われます。
郡上八幡城もみじまつり
11月中旬
郡上八幡城・城下町プラザ
写真1 白亜の天守閣と紅葉したもみじは最高の美しさ。各種イベントも盛りだくさん。又、城下町プラザでは郡上の特産品を販売する観光物産展も開催する。
Googleマップ
郡上八幡春まつり
4月第3土曜日・日曜日
市街地一円
写真1 郡上八幡の春の大例祭として毎年4月第3土曜日・日曜日に行われる祭礼で、市内にある3つの神社(岸剣神社・日吉神社・八幡神社)の太神楽の共演が見もの。その他子供みこしコンクールも開催される。
Googleマップ
郡上鮎の友釣り解禁
毎年6月上旬
郡上地内 長良川・吉田川
写真1 天下の名川長良川、またその支流の吉田川いずれも、鮎の友釣りには最高の漁場です。郡上鮎は全国に通じるブランド。
市島高雄歌舞伎
10月上旬
口明方小学校体育館ほか
写真1 八幡町市島地区にある高雄神社。高雄神社祭礼奉納歌舞伎として高雄歌舞伎が行われます。昭和30年代初めには数ヵ所残っていた素人歌舞伎、いわゆる地芝居は今ではここだけになりました。
Googleマップ
千虎(ちとら)白山神社甘酒まつり
3月第1日曜日
千虎白山神社(八幡町吉野地内)
写真1 古くから白山信仰の美濃馬場で「一に長滝お蚕祭・二には千虎の甘酒祭り」といわれたこの祭りはかつては甘酒六斗余を社前にすえた大釜で煮立て、村人は一人ずつ名前を呼ばれて一椀の甘酒を受け、全員飲み終わると一同ときの声をあげて大釜を囲み、残った甘酒をたいらげたというまつりです。
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.