トップへ > 熊本県 人吉
「相良700年が生んだ保守と進取の文化~日本でもっとも豊かな隠れ里-人吉球磨~」
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
人吉 / 熊本県
球磨焼酎
写真1 平成7年に産地の地理的保護を受け、 名実ともに世界の銘酒となった人吉球磨地方の代表的な特産品。 原料に良質の米だけを使用した本格焼酎で、伝統的な常圧蒸留製法のものは力強く 濃厚な芳香があり、昔ながらの焼酎ファンに根強い人気。近年新たに導入された 減圧(低温)蒸留製法のものは、さわやかな風味とまろやかな味わいで、 日頃清酒に慣れ親しんでいる人にも「飲みやすい」と好評。最近では、吟醸香を持つものや、さわやかさに磨きをかけ 透明感さえ感じられるものなど味わいのバリエーションも豊富。 飲み方はストレートやロック、お湯割りがポピュラーだが、 熱燗やカクテルのベースとしてもオススメ。
鮎の塩焼
写真1 日本三急流の一つで、 人吉市の象徴と言っても過言ではない球磨川に生育する良質の藻を食べて大きくなった球磨川産鮎は、一言でいえば“絶品”。 ひと口食すればその鮮烈な芳香が鼻腔をくすぐり、 ふた口食すれば、激しい急流を思わせる野性味溢れる歯ごたえが口腔内を駆け巡り、 み口食すれば、球磨川そのもののような懐の深い豊かな味わいが、 舌から食道にかけてじんわりと広がる。しっかりと焼く鮎の塩焼は、内臓まで丸ごと食べられる。
鮎うるか
写真1 「うるか」は、新鮮な鮎の内臓や卵を塩漬にしたもので、カボスや柚子酢、酒、みりんを加えて召し上がる。独特の苦味が特徴。日本三急流の一つ球磨川に生育する良質の藻を食べて大きく育った球磨川産の鮎から取れる、酒の肴として人気が高い「うるか」は、大量生産ではないため、地元の人でも簡単に手に入らないレア商品。
猪料理
写真1 山に囲まれた人吉で獲れる猪を使った料理。塩焼きから味噌漬けや鍋などさまざまな料理が楽しめる。市内の旅館や食事処で食べることができる。
山菜
写真1 人吉を囲む山々で採れるわらびやぜんまい、たけのこは絶品。採れた山菜は、おこわや天ぷらなどにして食べる。毎年4月には、わらび狩りなども行われる。また、市内にある農家民宿では、山菜採り体験ができる施設もある。
 
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.