トップへ > 埼玉県 小川
和紙のふるさと おがわまち
  • ― 現在のまちからのツイートはありません。 -
小川 / 埼玉県
忠七めし
写真1 日本五大名飯の一つ「忠七めし」は、八代目当主で気骨のある料理人だった八木忠七が明治の偉傑・山岡鉄舟居士から「料理に禅味を盛れ」と示唆され、苦心を重ねた末に創始したものです。鉄舟居士が極めた「剣・禅・書」三道の意を取り入れ、日本料理の真髄である「風味と清淡」の味が今も受け継がれています。
秩父山系を源とする良質の水と、酒造りに適した自然環境から、古くから関東灘の異名を持った銘壌地で、現在も松岡醸造、武蔵鶴酒造、晴雲酒造の三軒の酒造が腕を競い合い、至玉の酒造りに励んでいます。
のらぼう菜
アブラナ科で甘味があり、食感も良く、アクの少ない野菜です。また、ビタミンCも小松菜の約二倍強と多く、栄養価も豊富です。
江戸中期に関東群代の伊奈備前守が、その種を農民に配布し、栽培の奨励をしたことにより、「天明・天保の大飢饉」の際に、飢えを救ったとされる伝統野菜です。
 
Copyright(C) 全国京都会議 All Rights Reserved.